レッドブルVSモンスターエナジー

エナジードリンクについて。

 

エナジードリンクといえばレッドブルとモンスターエナジーが日本では有名ですよね。レッドブルの方が少し高くてモンスターエナジーの方が安いのでいつもどちらを買うか迷っていました。

 

結局、ブランド力と知名度のあるレッドブルの方を今までは買ってたんですけれども、実際の効果としてはどちらが上なのかというのが気になって色々調べてみるとモンスターエナジーのが効果が高いということがわかりました。

 

アメリカで売られているレッドブルやモンスターエナジーと日本で売られているレッドブルやモンスターエナジーでは入っている成分がかなり異なっているということも分かりました。

 

日本ではそれが入っていると薬の石とみなされるような成分がアメリカでは空いているようで、その代わりに日本ではアルギニンが使われている大人になって清涼飲料水の一種ということで販売しているようです。

 

なのでレッドブルもモンスターエナジーも両方ともエナジー効果がある成分としてはアルギニンとカフェインが主な成分となっています。

 

後脳が疲れている時に脳に栄養を与える糖分も大事な栄養成分ですね。

 

で、アルギニンとカフェインの含有量を比較してみると、同じ量だとモンスターエナジーの効果レッドブルよりもかなり多いということがわかりました。

 

なのでエナジードリンクとしての効果があるのはモンスターエナジー効果上ということであります。後は味の好みの答えとかブランド志向かどうかなどの違いだと思うのですけれども、私の場合はエナジードリンクに求めるのは飲んで元気になることなので、コストパフォーマンスのいいモンスターエナジーの方法これからは買うことにしています。

 

今もすでに大量に買いだめしてあって冷蔵庫の中がモンスターエナジーから気になっています。

 

なぜ知名度とブランド力があるレッドブルをあまり何も考えず選んでいるかもしれませんが、 実際にはモンスターエナジーのかなりの実力を持っているエナジードリンクですので、お金のことも考えるとモンスターエナジーの方がおすすめかもしれませんよ。

ピンとくる家が運命の家なのかも

私はまだ賃貸マンションに住んでいる身分ですが、いつかは自分の家を建てようという夢を持っています。

ただ、こういう家がいいな~という具体的なイメージは残念ながらまだありません。

将来は自分のイメージを反映したステキな家を持ちたいと思っていますが、今のところは住みたい家のイメージがはっきりしていない状態です。

でも私ももう40代後半になり・・・このまま住みたい家のイメージが湧いてこないと家を持つなんて夢のまた夢になってしまうかもしれません。

それか、家なんて住めば都だからどれでも良い!なんて思って適当な家を買って住んでしまうのかもしれませんね。

もちろん住めば都とはよく言ったもので、初めはこんな家と思っていても住んでみるといつの間にか気に入っているものですよね・・・。

家って妙にこだわらなくても、えいやっ!と決めて住み始めたら案外その家が当たりだったなんてこと珍しくないようですよ。

そういう話はあちこちから聞きますが、私は賃貸暮らしの身なのでその気持ちはまだ分かりません。

いつか家を決めるとき、いつまでも迷ったりこだわっていないでピンときた家をえいやっと買ってみたいと思っています。

そういうピンとくる家こそ運命の家だったりしますからね~。

こうやって前向きに考えると案外近いうちに自分の家がもてそうな気がするのです。

イメージだけは膨らますために、時々、近所の住宅展示場のモデルルームを見学しに行ったりもしています。

大塚家具にマイホームに置くための高級家具を見に行って、自分がすっかり家を買った気になったような気分になって妄想を膨らますこともあります。

馬鹿らしく思われるかもしれませんが、こいういうことって心理学的にも大切なことだと苫米地さんの本に書いてあったので、それを信じて続けていきますよ。

子供の小学校受験も控えているし、そちらの学費などのことも加味しながら検討しなくちゃいけないんですけどね。

こうやっていろいろ考えて売るだけでも仕事を頑張って年収を増やそうという気持ちになってきます。

日本のハウスメーカーの海外進出

日本の大手ハウスメーカーのトップ2はダイワハウスと積水ハウスです。

ダイワハウスの売上高は3兆円を超え、積水ハウスの売上高は2兆円を超えています。

利益率も利益の絶対額もこの2社が他のハウスメーカーを引き離して突出しており、その分内部留保もどんどん増加しています。

しかしながら、国内の新規住宅着工件数は伸びておらず、連続して100万件を割る水準となっています。

この傾向は、一過性のものではなく、我が国の人口動態から考えても今後さらに悪化する可能性が高いです。

国内で新たに家を建てる件数が減少しているのに、どうしてハウスメーカーの売上高や利益が増えるのか不思議だと思われるかもしれません。

実はハウスメーカー(住宅メーカーとか住宅会社、HMと略したりもする)と言う名称は実はそれほど正確ではなく、総合不動産ディベロッパーと呼ぶ方が正しくなっているのが実態です。

特にダイワハウスや積水ハウスはその傾向が強く、投資物件である賃貸住宅や商業施設の建築が売り上げ全体の大部分を閉めるようになってきているのです。

またダイワハウスではREITが利益に大きく貢献しているなど、家を建てる=ハウスメーカーというのはもはや名ばかりで実態とはかけ離れているのです。

唯一、本来の意味でのハウスメーカーとしての成長が見込めるのが海外市場です。

例えば、パナホームはASEANへの進出に積極的で、特にマレーシアでリンクハウスと呼ばれる戸建住宅を展開しています。

2階建ての住宅を10件程度繋げたような形状で、いわゆる長屋のような商品です。

これを約50万リンギット(約1,256万2,814円:2017年4月10日時点の為替レート)で販売しています。

パナホームの売上高は現在3,500億円程度ですが、そのうちの10%を海外での売上高にするというのが目標のようです。

今回はパナホームだけ紹介しましたが、他のハウスメーカーも国内での成長が見込めない以上、海外進出をせざるを得ない状況になっており、積極的に進出をしています。

海外で日本の住宅技術がどこまで通用するか楽しみです。

仕事がしやすい環境で、しっかり地に足をつけて生活がしたい!

今日は自分が初めてマンションを買った時のことを紹介します。

私が初めてマンションを購入したのは、20代後半の、仕事が一番忙しい時期でした。

仕事が忙しく、ストレスや悩みも多く…でも、生活は地に足をつけて、楽しみながらライフスタイルを考えていきたいと思い、マンションを購入することにしたのです。 その頃は、新入社員の頃から始めての一人暮らしを始め、賃貸マンション暮らしでした。

あっという間に、2年ごとの更新が3回目を迎えることになり、そのタイミングで、マンション購入を考えました。 更新料を払うと、あと2年は同じ状況だ…と思ったんですね。

ちょうどその頃、実家の両親から、とても便利な場所に、ちょうどよい一人暮らし向けの新築マンションができたと情報がありました。

両親も、いつまでも賃貸に暮らしていないほうがよ いとの考え方だったのですね。

賃料を払い続けるより、住宅ローンを払っていったほうが、自分の財産になるし、場所が良ければ、売却する時も値が下がらないだろうという考えです。

ちなみに実家はハウスメーカーで建てたツーバイフォーのなかなか立派な家なので、両親は本当はハウスメーカーで戸建てを建てて欲しかったようです。一応それぞれのハウスメーカーの特徴を調べて見たのですが、やっぱりどこも坪単価が高いのでやめました。ハウスメーカーの情報収集にはこのサイト(http://www.xn--z9j7epa9c2fwe9hb4262jsl0d.com/)が役立ちました。

そのためには、条件のよいマンションを選択することが一番のポイントです。 というのも、間取りは小さめだから、駅近でも価格が抑えられるわけで。

かといって、将来のライフスタイルの変化は予想はできませんが、結婚したとすると間取り的には狭いのです。

そうすると、良い値で売却が可能となることは見通しておくべきポイントです。 両親が提案してくれたマンションは、その条件を満たすものでした。

東向きで、それは私の好みでしたし、3階角部屋というのも、ちょうどよかったので、そこに決定し購入しました。 その当時のライフスタイルにはぴったりと合っていて、仕事で夜遅くなってもタクシーでも近いですし、最寄りの駅は3方向もあり、どこへ行くのもとてもアクセスがよいのです。

でも、周辺は住宅街なので帰宅するとホッとできる界隈です。 ただ、後で思えば、デザイン的にはあまり考えていませんでした。

外観のタイルの色は特徴的な薄い紫でとてもきれいだったので気に入っていましたが、全体的なデザインはお洒落とはいえません。 それに内装は使いやすいのですが、いわゆるファミリータイプです。

お洒落なインテリアがはえるようなイメージではなかったのです。 でも、当時はあまりこだわっていなかったので、それでもとっても気に入ったマンションでした。

管理人の自己紹介

こんにちは😸

管理人のタカです。

今、38歳です。

豪邸が大好きです。

お金が大好きです。

高級車が大好きです。

結婚して子供が二人います。

東京都の銀座から徒歩圏のタワーマンションに住んでいます。

THE TOKYO TOWERS というツインタワーマンションです。

結婚してからしばらくは小さな安い賃貸マンションに住んでいました。

予想外に子供が三人もできてしまって、引越しをせざるを得ないようになってしまって、ちょっと広めのマンションを探していた時にたまたま見つけて購入しました。

本当は、子育て中は郊外に広い一軒家が欲し買ったのですけど、毎日ランニングをするという習慣があって、今住んでいるマンションにはジムが併設されていることが決定的な要素となりました。

戸建てを検討している時に、いろんなモデルハウスを見に行って、本を買って、雑誌を買って勉強しました。

理想とする間取りや延べ床面積もだいたい決まっていたのですが、職住近接という時間の効率化を考えるとどうしても、都心近くに住むという選択肢が魅力的なんですよね。

最終的にはタワマンを購入して一軒家を建てるということはなかったのですが、色々と調べているうちに詳しくなったので趣味としてブログを書くことにしました。

マンション派には土地探しという家を建てる時の最もめんどくさいプロセスをすっ飛ばすことができるもメリットですね。

ハウスメーカーを選ぶ時には、そのハウスメーカーのモデルハウスの出来栄えとか坪単価なんかを参考に色々と比較しました。

公開会社に関しては決算書も調べたりもしました。

家は高い買い物だけど、意外に多くの人がそれほど深く考えずに買っちゃって後で後悔するという話を聞きますし、自分自身もそうだったので、みんなが自分の体験談をシェアするという行動が大切だと思います。

興味のない人にはつまらないブログになると思いますし、私としても特定のユーザー層を対象にしているわけではなくて、自分の日記みたいな感覚で書いていますが、もしよければこれからよろしくお願いします。